もともと願人踊とは江戸時代に全国各地で行われていた願人坊主(下層の僧)の門付芸能が発祥とされ、八郎潟町に伝えられたのはおよそ260年前と言われています。
伊勢音頭の流れを組んでおり、独特の早いリズムで踊り手が力強く奔放な踊りを披露します。踊りは手と足が一緒の方向へ移動する「一直踊り」でもあります。
踊りの合間には歌舞伎仮名手本忠臣蔵五段目の山崎街道の一場面を演じ山伏「定九郎」と爺ちゃ「与一兵衛」がコミカルな寸劇で観衆を沸かせます。

/images/001_pic1_guide_s.jpg” width=”145″ height=”145″ /> /images/001_pic2_guide_s.jpg” width=”145″ height=”145″ /> /images/001_pic3_guide_s.jpg” width=”145″ height=”145″/> /images/001_pic4_guide_s.jpg” width=”145″ height=”145″ />

名 称 願人踊(秋田県無形民俗文化財)
開催日 毎年5月5日
詳 細 八郎潟町HP「八郎潟町 願人踊」

秋田県三大盆踊りであり県の無形文化財にも指定されている。
四百有余年、唄い・踊り継がれてきたのが「でんでんづく踊り」「キタサカ踊り」「三勝踊り」「見る踊り」よりは「参加する踊り」と呼ばれていますし、一番の特徴は「仮装文化」の盆踊りであると言えます。各町内会や一般団体・個人とも個性溢れる衣装で踊りその時代を象徴するかのような時事ネタも取り入れられるなど楽しさが伝わる盆踊りであると思います。

/images/002_pic1_guide_s.jpg” width=”145″ height=”145″ /> /images/002_pic2_guide_s.jpg” width=”145″ height=”145″ /> /images/002_pic3_guide_s.jpg” width=”145″ height=”145″ /> /images/002_pic4_guide_s.jpg” width=”145″ height=”145″ />

名 称 一日市盆踊り(秋田県無形民俗文化財)
開催日 毎年8月18日~20日
詳 細 八郎潟町HP「八郎潟町 一日市盆踊り」

2011年。
八郎潟町に彗星の如く登場したOne night carnival「一夜市」(ひといち・いちやいち)。
今年2014年で4回目を数えました。若者だけで企画・運営をしてしまうイベントであり、私自身も運営に最初から参加させていただいております。八郎潟町にとって「今までにない」「いつのまにか諦めてしまっていた」そんな事を少しずつ実現していく中で八郎潟町に元気や夢を与えられたらと考えています。ワタクシ自身も楽しみながら活動しておりますが、同時に「若者の行動力」も育て将来の八郎潟町を牽引していく力にしていきたいと考えております。

/images/003_pic1_guide_s.jpg” width=”145″ height=”145″ /> /images/003_pic2_guide_s.jpg” width=”145″ height=”145″ /> /images/003_pic3_guide_s.jpg” width=”145″ height=”145″ /> /images/003_pic4_guide_s.jpg” width=”145″ height=”145″ />

名 称 若者イベント実行委員会 プロジェクト8 Present 一夜市
開催日 毎年7月
詳 細 公式HPプロジェクト8公式ブログ

Copyright 小柳商店 秋田県南秋田郡八郎潟町一日市238